メスを使わない輪郭の美容整形

美容整形の中でも特に高い人気となっている施術に輪郭を整える施術があります。こうした場合は骨を削ったり、プロテーゼを挿入しなくてはいけないというイメージもありますが、最近はプチ整形も充実していますので、メスを使わずともきれいな輪郭の整えてもらうことができます。まず、あごが引っ込んでいる場合はヒアルロン酸注入で前に出すこともできますし、頬の丸さで悩んでいる場合は脂肪溶解注射でスリムにしていくこともできます。エラが張っている場合は、それが筋肉によるものであればボトックス注射を行えば、メスを使ったり、骨を削ったりしなくてもすっきりとしたフェイスラインに整えていくこともできます。頬がこけているなどの悩みの場合はヒアルロン酸注射や脂肪注入でふっくらと丸みを出すこともできるなど、輪郭の治療でも切らずに行える治療方法は様々な種類が用意されています。

ヒアルロン酸注入による輪郭の美容整形手術

輪郭の美容整形をする場合、長い顎や張ったエラを矯正したいといったケースでは、骨を削る手術となる為、それなりの費用が掛かります。しかし、同じ輪郭の美容整形でも、後退気味の顎を前に出したい場合や、こけた頬をふっくらさせたい場合等は、ヒアルロン酸注入による簡単な手術となるので、費用はそれ程掛かりません。ヒアルロン酸は、人体に無害で副作用もない為、安心して手術を受ける事が出来ます。手術の手法も、麻酔を打つ必要もなく、ヒアルロン酸の注射をするだけなので短時間が終わる上、痛みもあまりありません。その際、勿論なるべく技量の優れた美容整形外科を選ぶに越した事はありませんが、骨を削る場合程は技量の差が出にくいので、それ程神経質になる必要もないと言えます。又、ヒアルロン酸は、時間の経過と共に人体に吸収される為、半永久的に効果が持続する訳ではありませんが、前述のように副作用がない為、何度でも注入が出来ます。

美容整形で輪郭のたるみを取る方法

年を取ってくるとどんどん顔の輪郭がぼやけてきます。フェイスラインがぼやけていると本当の年齢上に年をとって見えてしまって損です。頬やアゴの肉や皮膚のゆるみは、自宅のケアだけでは完璧には修正できません。美容整形を上手に利用して輪郭を整えることで、綺麗で若々しい顔を手に入れましょう。まず、皮膚の緩みが気になる人はフェイスリフトで解消できます。フェイスリフトはこめかみや耳の前あたりを切開して引き上げます。どれぐらい切開するかで効果が出る部位がかわってきます。フルフェイスリフトにすると輪郭のたるみも首まできたたるみにも改善効果がみられます。いきなりフルフェイスをするのに抵抗がある人はより切開範囲がせまいミディアムやミニリフトという選択肢があります。傷口が小さいので、効果はフルフェイスよりも小さいですが、手術跡が目立たないなどのメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*