輪郭の美容整形手術とは

小顔になる方法はフェイシャルマッサージやローラー美顔器などいろいろありますが、一番確実に小顔になれるのが美容整形手術です。美容整形クリニックでフェイスラインの形成手術をすることで、モデルのような小顔に1日で変身できます。輪郭の形成手術には、えらを削る、あごを削る、あごを切る、あごの前突を修正する、頬骨を削るなどがあります。えらは下顎角といって、耳の下あたりを指します。えらを削ることで一回り顔が小さくなります。長いあごは先端の骨を切ったり、骨を中抜きしたりして短くできます。また、切った骨を後ろにずらしたり、前に出したりすることで理想的な横顔に近くなります。出っ張った頬骨を削ると大きい顔のコンプレックスがなくなります。骨頬は目の下の目立たな部分から削ります。傷跡はほとんどわからないので安心です。

手軽にできる輪郭のプチ美容整形

美容整形手術にはメスを使う方法と使わない方法があります。最近はメスを使わない方法のほうが普及しているようです。輪郭形成の手術も、メスを使用しないでできる場合があります。フェイスラインが横に広がっている、いわゆる「えら張り顔」は、ボトックス注射で改善できます。ボトックス注射はアンチエイジングでよく使用されている、筋肉の働きを抑える効果がある成分です。ボトックスをえらに注射すると、筋肉に作用して収縮します。ボトックスはふくらはぎの筋肉をなくして美脚にする治療にも使われています。ボトックス注射は3ヶ月くらいで元に戻るため、持続させたいなら3ヶ月おきに注射する必要があります。気になる料金ですが、安いクリニックだと5万円くらいで出来ます。メスを使用するえら削りの手術の場合、手術費用は100万円くらいするので、それに比べるととてもお手頃です。

美容整形で行う輪郭形成手術

顎の形やえらなどを美容整形手術で美しく整えることを輪郭形成といいます。輪郭形成は骨を削るのが一般的です。口の中から切開し、顎の骨を削って短くしたり、えらの骨を削ってシャープな小顔にしたりできます。骨を削る以外には、脂肪吸引があります。頬やフェイスラインについた脂肪を、脂肪吸引で吸引してすっきり顔痩せができます。プチ整形手術でも輪郭形成ができます。後退した顎を前に出したい場合は、ヒアルロン酸注射がよく使用されています。ヒアルロン酸注射を打てばしっかりした顎が出来上がります。ヒアルロン酸は法令線の解消など、若返り注射にもよく使用されているプチ整形手術の定番です。メスで皮膚を切らなくていいので気軽にできますが、ヒアルロン酸は一年くらいで体内に吸引されてしまうため、効果を長持ちさせたいなら一年おきにヒアルロン酸注射を打つ必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です